*

引越し費用を値引きしてもらう交渉術

引越しっていろいろとお金がかかりますよね。

新居の初期費用に引越し代、
不用品の処分もあるし、
引越しのタイミング次第では、家賃を2箇所分払うなんてことにもなります。

引っ越した後だって何かとお金は出て行きます。
とにかく出費!出費!出費!の連続です。
できれば、おさえられる出費は最小にしたいものです。

ここでは、引越しの中でも大きな出費である
「引越し代」を値引きしてもらう交渉術をお教えします。

私はこの方法で見積もりの半分以下で引越ししてもらいました!
これから引越しされる方、是非参考にしてみて下さいね。

 

スポンサードリンク

 

引越し業者から見積もりを取る

removal4
まずは見積もりです。

引越し業者ってたくさんあるんですよね。
ちょっとネットで調べただけで山のようにヒットします。
多過ぎてどこがいいかわからなくなりますよね。

よく見かけるネットの一括見積もり請求もいいと思いますが
いっぺんにたくさんの業社に見積もり依頼を出すと
返信メールとその後の営業メールがすごいことになりますので注意が必要です。

大手2・3社と、ローカル業社2社くらいで十分です。

 

引越しのタイミングはひとそれぞれあると思うのでここでは割愛しますが、
早めに予約したり(1ヶ月前)、混んでる時期(週末・祝日)を避けたり、
時間帯を選ばなかったりすると、当然引越し料金は安くなります。
早めに準備すると安くできる、と覚えておいて下さい!

 

ネット見積もりは大抵安めです

見積もり依頼を出す際、大体の荷物の量などを記載するのですが、
それに対して出される見積もりは大抵安いです。

こんなに安いならお願いしようかな、と思わせる価格のところもあれば、
ありえない程安くて、逆に不信感を持ってしまうところもありました(笑)

 

多くの業者は、返信メールに見積もり価格を書かず、
実際の荷物を確認してから見積もりを出したいというところが多いです。

そちらの方がきちんと見積もれるのはもちろんですが、
どの業者よりも先に現場を押さえたい!という気迫を感じましたね。
あれだけたくさんの引越し業社がいるわけですから、営業も必死なわけです。

 

すべての業者に自宅に来てもらってもいいですが、時間がかかり面倒です。
値引き交渉するには、1社が2社だけで十分です。
ちなみに私は1社だけでした。

もし複数社に訪問を依頼するなら、同じ日の近い時間帯の方がいいと思います。

 

交渉本番!自宅での見積もりと契約

removal2
連絡した業社が荷物を確認しに来ます。
ここから値引きの交渉が始まります。
営業の人が実際の荷物を確認しつつ、いろいろ質問してきます。
ここは全部正直に伝えましょう。

つけたいオプション(梱包、片付け、楽器やペットの運送など)も
ここで明確にしておきましょう。
わからないことも質問しましょう。

それで最終的に電卓をはじいて見せてくれる見積もり金額に驚きます。
私は驚きました(笑)

 
それが正規料金なのか、
ただのボッタクリなのかはわかりませんが、
私の場合は、想像していた金額の2倍、メール見積もりの4倍の価格を提示されました。

しかし、ここでひるんでははいけません。

 

スポンサードリンク

 

交渉その1:相みつ取ってます

こちらから言う前におそらく営業の方から確認されると思いますが、
相みつ(あいみつ:他者からも見積もりを取っていること)を取っていることを伝えます。
その際、どこの業者か、いくらの見積もりが出てるか聞かれると思いますが、
はっきり答える必要はありません。

提示された金額よりは安いです。とか、
大手(ローカル)の業者です、とかでOKです。

すると、まいったな〜って感じで、また電卓をはじき出します。
そして提示される金額に驚きます(多分きっと!)。
かなり激しく値引きされた金額が電卓に表示されると思います。
あまり値引きされなければ、別の業者にお願いするから結構ですと言いましょう。
また値引きしてくれます。
(もし値引きが無理なようなら本当に帰ってもらいましょう)

私の場合はこの時点で、前回の半額近くに値引きされました。

 

交渉その2:一晩考えます

先にも書きましたが、業者の営業はどこよりも先に現場を訪ね
どこよりも先に契約を決めたいのです。

一旦現場に入ったら、契約しないで玄関を出るつもりなどないのです。
かなりしつこく営業されます。

どこで折り合いをつけるかは、出てきた見積金額とあなた次第ですが、
もう少し安くしたいと思ったら、
一晩ゆっくり考えたいので本日はお引き取り下さい、と丁重にお断りしましょう。
そこからさらに値引きしてくれる可能性があります。

 

交渉その3:条件の変更交渉

ここまできたら業者は必死です。
契約が成立するよう、あれこれオファーを提示してきます。

引っ越しの日程や時間帯の変更、
作業員の削減、
サービスの変更などなどです。

これらの提示があなたが納得のいくもの、
もしくは調整可能なものだった場合はラッキーです。
値引きの対象になるでしょう。

こんな感じで私の場合(単身、荷物多め、同県内)は、
当初15万円で見積もられていたのが、偶然キャンセルが出たこともあり、
6万円で引っ越すことができました!
お願いしたのは、CMを流している大手の業者です。

多くの場合、交渉次第で引越し費用は値引きしてもらえるので、
がんばってみて下さいね!
removal3

交渉についての注意

メールを含むすべての交渉では、丁寧な態度で行いましょう。
業者とはいえ人間ですから、
感じの悪い人には感じの悪い対応をしてしまうものです。

気持ちよく値引きしてもらえるよう、交渉時の態度には気をつけて下さいね!

あなたの引越しと値引き交渉が成功するよう祈っています!
 
 

スポンサードリンク

関連記事

記事はありませんでした

スポンサードリンク

スポンサードリンク

removal5
引越し費用を値引きしてもらう交渉術

引越しっていろいろとお金がかかりますよね。 新居の初期費用に引越

CatsWig
猫の毛対策を空気清浄機で試してみた

猫飼いにならばみんな、にゃん毛の悩みはつきませんよね。 毎日掃除

IMG_1070
2月22日は猫の日だそうですが必要ですか?(笑)

2月22日はネコの日だそうです。 制定したのは猫の日実行委員会。

Sant-Jordi-cover
「サンジョルディの日」には本を贈ろう!

4月23日といえば、 しじみの日くらいしか思いつきませんが(笑)

okappa2
縮毛矯正とカラー、どっちが先がいい?

きれいにカラーされた、さらさらストレートの髪。 両方いっぺんに手

→もっと見る

PAGE TOP ↑